スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    米新聞・雑誌大手がネット収益モデルに転換?広告減にて模索?

    新旧メディアの競争が激しい米国でも、日本同様、
    伝統的メディア新聞雑誌大手企業が収益モデルの転換を急いでいるようだ。
    米紙ニューヨーク・タイムズでは、来年から電子版の課金を開始、
    米三大紙が全てネット事業の有料化にかじを切る。

    また一方では、電子書籍端末への参入が相次ぎ、
    新聞雑誌が提供できるコンテンツ市場が広がる可能性も出てきた。
    新聞雑誌大手企業では、広告不況で業績が悪化しており、
    ネット時代に合わせた事業転換を模索しているようである。

    NYタイムズは2011年初めに電子版を事実上有料にするとのこと。
    2005年に会員制有料サービスを試みたが、成果が出ず2007年に無料化。
    今回は「メーター制」と呼ぶ課金方式を導入するとのことで、
    一定の閲覧回数を超えた利用者から料金を徴収するしくみだそうだ。

    Tag : メディア アメリカ 日本 新聞 雑誌 電子書籍 ネット ニューヨークタイムズ

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。