スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    商売を考えた色の効果。広告の色使い一つもまた同じ。

    以前あるテレビで、野球のキャッチャーミットの色と
    投手の投げやすさとの関係を追求する興味深い実験を見たことがある。

    野球のグラブといえば、ご存知だと思うが、昔は茶系統の色が主流だった。
    ところが、野球で最も集中力が必要である投手の投球の際、
    何色のキャッチャーミットをめがけて投げるのが、
    最も投手が投げやすくコントロールがつくのかという実験を行ったところ、
    実験では茶色ではなく青色だという結果が出た。
    このことが広く周知されるようになってからかどうかはわかりませんが、
    最近では、青色のキャッチャーミットを使用する
    プロ野球の捕手自体、かなり増えたようにも感じます。

    実は青という色、一般的には、心を落ち着かせる色といわれており、
    今回の野球の事例は、視線がぶれずに注視性が高まる青色効果の表れのようです。

    色には、上記のような一例でも分るよう、人間心理に非常に密接な
    大きな印象を与える効果があります。

    知って役立つ心理と色彩おもしろ事典―色が与える影響・効果から上手な色選びまで知って役立つ心理と色彩おもしろ事典―色が与える影響・効果から上手な色選びまで
    (2000/08)
    松岡 武

    商品詳細を見る


    例えば、当社簡易(単色)印刷サービスにて、取り扱っている色
    黒・青・赤・緑の4色だけでも、

    黒色
     ブラックは、最も強力な規律的、あるいは保護的な色です。
     権威あるもののイメージを強化し保護・サポートします。

    青色
     ブルーは、知性と精神に関する重要な色彩で、
     創造性、心のコントロール、頭の回転などを高めます。
     演説が必要なときなどに大きな力を発揮したり、
     コミュニケーションを円滑にする効果があります。
     脈拍・呼吸・血圧・体温を下げる効果があり、
     心を落ち着かせる色ともいえそうです。

    赤色
     レッドは、エネルギーやバイタリティーを意味する色なので
     落ち込んだときに使うと、気力と自信がよみがえります。
     消化液の分泌を促進させ食欲を増進させる効果や、
     気を引く・刺激や変化・ダイエットに効果的があるとも言われています。

    緑色
     グリーンはバランスをとるのに重要な色で、感情面での慰めを与えます。
    心の乱れや過度な心配を抑えるのを助ける素晴らしい働きがあり、
    ある種のいき過ぎを抑えます。
     ストレスに対する感情的な反応を鎮めてくれる色です。
     調和をもたらし、決断力をつけます。
     安定感や平常心を取り戻す効果があるとも言われています。

    etc・・・

    こう考えると色は、あらゆる商売においても、その色が与えるイメージが
    実際の商売に適しているか、かなり重要な要素を持ちそうです。
    これは、広告の色使い一つでも、また同じことのようです。
    スポンサーサイト

    テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

    Tag : 広告 商売 心理 効果 黒色 赤色 青色 緑色

    コメント

    コメントの投稿

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。